(最終更新日:2023-10-24 16:01:04)
  イシハラ サオリ   Ishihara Saori
  石原 沙織
   所属   千葉工業大学  創造工学部 建築学科
   千葉工業大学  工学研究科 工学専攻
   千葉工業大学  創造工学研究科 建築学専攻
   職種   教授
■ 学位
1. 2008/04~2011/03 東京工業大学 総合理工学研究科 環境理工学創造専攻 博士課程修了 博士(工学)
2. 2002/04~2004/03 東京工業大学 総合理工学研究科 環境理工学創造専攻 修士課程修了 修士(工学)
■ 研究概要
建築材料は、柱や壁といった躯体に用いられる構造材料と、内外装に用いられる仕上げ材料に分けられる。仕上げ材料はさまざまな劣化因子から構造材料を守り、建築物自体を長寿命化させる役割がある。本研究室では、仕上げ材料を研究対象とし、その性能を評価する方法を検討したり、より長持ちさせるための研究を行っている。
■ 専門分野
建築構造、材料 (キーワード:防水、耐久性、屋上緑化、雨仕舞) 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 所属学会
1. 2020/04~ 日本材料学会
2. 2020/04~ ∟ 関東支部常議員
3. 2012/12~ 日本コンクリート工学会
4. 2012/04~ 日本建築仕上学会
5. 2013/05~2021/05 ∟ 評議員
全件表示(7件)
■ 著書・論文・作品
1. 著書  建築工事標準仕様書 JASS8 防水工事   (共著) 2022
2. 著書  新・建築材料Ⅱ<第2版>[部位構成材料・機能材料編]   (共著) 2021/04/10
3. 著書  素材から読み解く建築ガイド   (共著) 2020/03/20
4. 著書  雨漏り・結露の解決集  30-32頁 (共著) 2011/09
5. 論文  ウレタンゴム系塗膜防水層のトップコートの耐疲労性 日本建築学会構造系論文集 88(805),341-346頁 (共著) 2023/03/01
全件表示(37件)
■ 研究題目
1. 2022/04~2025/03  水槽に用いられるポリマーセメント塗膜防水層のふくれメカニズムの解明とその評価方法 基盤研究(C) 
2. 2018/04~2020/03  ムーブメント発生時の応力状態を踏まえたシーリング材の耐久性設計法の検討 若手研究 
3. 2018/04~2019/03  低熱伝導率の銅合金、着色銅合金屋根材、壁材の耐候性に関する研究 その他の補助金・助成金 
4. 2015/04~2017/03  塗膜系防水の適切な膜厚確保に向けた施工条件の最適解マトリックスの構築 若手研究(B) 
5. 2015/04~2017/03  塗膜防水の適切な膜厚確保に向けた施工条件の最適解マトリックスの構築 若手研究(B) 
全件表示(13件)
■ ホームページ
   http://s-ishiharalab.org
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2021/04/01 新・建築材料Ⅱ<第2版>[部位構成材料・機能材料編]
■ 委員会・協会等
1. 2023/09~ 日本建築仕上学会 下地挙動緩衝材品質基準作成委員会 委員長
2. 2023/06~ (一社)防水アーカイブズ資料館 副代表・理事
3. 2023/04~ 日本建築学会 災害委員会 水害・土砂災害等による建築物等の被災調査マニュアル検討WG 委員
4. 2022/06~ 都市緑化機構 先駆的な緑化関連技術検討委員会 委員
5. 2021/06~ 都市緑化機構 「屋上・壁面緑化技術コンクール」予備審査委員会 委員
全件表示(52件)