(最終更新日:2017-03-28 18:19:08)
  オオノ マサヒロ   Masahiro Ohno
  大野 正弘
   所属   千葉工業大学  工学部 機械電子創成工学科
   千葉工業大学  工学研究科 機械電子創成工学専攻
   職種   准教授
■ 学位
1. 東京大学 博士課程修了 工学博士
■ 研究概要
超音波を用いて生体や人間を取り巻く環境を非侵襲、非破壊で計測、分析、画像化する技術を研究している。特に、医用応用や社会インフラの安全性確保など人類の福祉に貢献できる応用研究を目指しており、生体組織の弾性率分布の画像化、超音波による骨の計測、超音波のマイクロバブルヘの影響の分析、視覚障害者支援のための物体検出技術などが現在の研究テーマである。
■ 専門分野
キーワード:超音波工学,応用光学 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 所属学会
1. 応用物理学会
2. 電子情報通信学会
3. 日本音響学会
4. 日本非破壊検査協会
■ 著書・論文・作品
1. 論文  Visualization of ultrasonic fields transmitted from bovine bones by hydrophone scanning Jpn. J. Appl. Phys. 49,pp.07HF27-1-07HF27-7 (共著) 2010/05
2. 論文  Observation of ultrasonic fields transmitted through bovine cortical or cancellous bones by the schlieren method Jpn. J. Appl. Phys. 48,pp.07GC10-1-07GC10-3 (単著) 2009/05
3. 著書  超音波用語事典(分担)   (共著) 2005/08
4. 論文  Reflection-type ultrasonic phase conjugate imaging system with a waveguide Jpn. J. Appl. Phys. 44((6B)),4421-4426頁 (共著) 2005/06
5. 論文  Reflection-type ultrasonic phase conjugate imaging system with a waveguide Japanese Journal of Applied Physics 44,pp.4421-4426 (共著) 2005/05
全件表示(15件)
■ 研究題目
1. 2001/04~2003/03  位相共役開口合成法 研究助成金 
2. 2001/04~2004/03  位相共役共振系による超音波画像法の研究 基盤研究B(一般) 
3. 2001/04~2002/03  位相共役超音波画像装置の製作  
4. 2001/04~2002/03  音響位相共役波発生用圧電物質の非線形定数の測定 その他の補助金・助成金 
5. 2005/04~2008/03  生体エコーロケーション模倣システムへの光情報処理の導入 萌芽的研究 
■ ホームページ
   http://www.le.it-chiba.ac.jp/ohno/index.html
■ 委員会・協会等
1. 2013~2016 超音波シンポジウム(USE) 運営委員
2. 2005/05~2013/04 日本音響学会編集委員会 和文誌編集委員
3. 2003~2011 超音波シンポジウム(USE) 論文委員
4. 2003~ 日本音響学会編集委員会 査読委員
5. 2002/05~2007/04 電子情報通信学会超音波研究専門委員会 専門委員
全件表示(6件)