タクマ ヒロノリ   Hironori Takuma
  田隈 広紀
   所属   千葉工業大学  社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科
   千葉工業大学  社会システム科学研究科 マネジメント工学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/09/20
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 フィールドサーベイ教育における意識づけの為の教示に関する効果検証
執筆形態 共著
掲載誌名 国際P2M学会誌
掲載区分国内
出版社・発行元 国際P2M学会
巻・号・頁 15(1),183-200頁
総ページ数 18
著者・共著者 宮崎 愛弓, 田隈 広紀, 陳之内 啓貴, 長尾 徹
概要 社会の急速な情報化は人々の生活を質的に変化させている。昨今、ユーザーの潜在的な課題や価値観を明らかにする為に、文化人類学で活用される観察調査をビジネスの場へ積極的に展開する動きも見られる。これに関連し、大学教育でも価値創造に必要な姿勢とスキルを訓練する目的でフィールドサーベイを取り入れるようになってきており、その効果的な実施方法を各大学・科目が模索している。本稿では新たな学生アパートを企画立案するPBLにおいて、フィールドサーベイで重要な姿勢である「ありのままの姿を見る」ことを意識づける教示を3パターンに分け実施し、その後のアイデア発想や価値創出に与える効果を検証し、その有効性を提示する。
researchmap用URL https://www.jstage.jst.go.jp/article/iappmjour/15/1/15_183/_article/-char/ja