タクマ ヒロノリ   Hironori Takuma
  田隈 広紀
   所属   千葉工業大学  社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科
   千葉工業大学  社会システム科学研究科 マネジメント工学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/10/19
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 アイデア再解釈における独自性記述向上に向けた内省準備シートの提案
執筆形態 共著
掲載誌名 国際P2M学会誌
掲載区分国内
出版社・発行元 国際P2M学会
巻・号・頁 14(1),336-357頁
著者・共著者 淺野 友希、田隈 広紀、西田 絢子、串田 直也、宮崎 愛弓、長尾 徹
概要 近年の製品やサービス、多くのビジネスモデル開発現場では、環境の変化に合わせたアイデア提案のために、短期間のワークショップを開催してアイデアの創出を行う企業も多くある。短期間のワークショップはアイデアをクイックに出すことができるという利点がある一方、アイデアが必ずしも十分に検討されるわけではなく、独自性がなく似たようなアイデアが多くなるという問題がある。著者らの既報により、「Inverted Triangle」を用いたアイデアの内省を行うことでアイデアを整理することを提案しているが、アイデアが十分に検討された後に行うことを想定しており、このような短期間のワークショップでの成果については対象とされていない。本研究では、短期間ワークショップで創出したアイデアの「着眼点」を再解釈させ自身の考えを深堀りした「独自性」に関する記述を向上させるため、アイデア内省準備シートを提案し、その効果確認を行なった。