タクマ ヒロノリ   Hironori Takuma
  田隈 広紀
   所属   千葉工業大学  社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科
    千葉工業大学  社会システム科学研究科 マネジメント工学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/09
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 製品開発におけるアイデア発信力向上に向けた内省手法の提案
執筆形態 共著
掲載誌名 国際P2M学会誌
掲載区分国内
出版社・発行元 国際P2M学会
巻・号・頁 13(1)
著者・共著者 淺野 友希、田隈 広紀、串田 直也、長尾 徹 、宮崎 愛弓、小田 裕和、淺野 達哉
概要 多くの企業で既存のサービスだけでなく、未知のサービスを創り出す必要があり、デザイナーの業務においても新たなサービスを提案することが求められている。アイデアをプロジェクト化する為には、発案者はアイデアのビジョンを明確に持ち、様々な人に提案の魅力を最大限伝え、プロジェクト化する意義のある提案であることをアピールしなければならない。本論では提案するアイデアをアメリカの小学校の英語教育で用いられる文章化補助ツールのInverted Triangle を用いることで内省させ、アイデアのビジョンを明確化、発信力を向上する試行実験を行なった。ツール活用前後の主観的評価、客観的評価で被験者に改善の傾向が見られた。