photo
    (最終更新日:2017-06-09 13:01:45)
  ヤマダ トモヒサ   Tomohisa Yamada
  山田 丈富
   所属   千葉工業大学  創造工学部 建築学科
    千葉工業大学  工学研究科 建築都市環境学専攻
    千葉工業大学  工学研究科 工学専攻
   職種   教授
■ 学位
1. 1975/04~1979/03 東京工業大学 工学部 建築学科 卒業 工学士
2. 1979/04~1981/03 東京工業大学 理工学研究科 建築学専攻 修士課程修了 工学修士
3. 信州大学 博士課程修了 博士(工学)
■ 研究概要
「高速載荷による柱梁溶接接合部の力学的性能」「繰返し塑性歪を受けるSM490A鋼材の材質劣化」など、建築における構造分野を研究。主に、金属構造の接合部の耐震安全性能を検討している。「建築用鋼材およびその溶接接合部の破壊挙動」「柱梁溶接仕口の地震時の破壊挙動」「アルミニウム合金構造接合部の力学挙動」などについて実験・数値解析を実施。
■ 専門分野
建築構造・材料 (キーワード:鋼構造、アルミニウム建築構造、構造工学) 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 産学連携テーマ
(1)鉄骨構造の溶接接合部に関する研究
(2)鉄骨構造の高力ボルト接合に関する研究
(3)アルミニウム建築構造の接合部に関する研究
■ 所属学会
1. 1979/04~1982/03 日本建築学会
2. 1985/04~ 日本建築学会
3. 2009/04~ 溶接学会
■ 著書・論文・作品
1. 著書  初めて学ぶ鉄骨構造 基礎知識 (共著) 2016/12
2. 著書  アルミニウム建築構造製作要領 平成28年3月改訂 (共著) 2016/06
3. 著書  アルミニウム建築構造設計規準・同解説 平成28年3月改訂 (共著) 2016/03
4. その他 建築構造用鋼材の機械的性質・化学成分のデータベース 2015年11月25日版 (単著) 2015/11 Link
5. 論文  「建築鉄骨における溶接施工技術の最前線」
高強度鋼材の材料特性と溶接材料 (単著) 2014/09
全件表示(63件)
■ 研究題目
1. 2000/09~2001/03  アルミニウム構造物の接合部の性能評価に関する研究 企業からの受託研究 
2. 2000/11~2001/03  アルミニウム構造物のボルト及びリベット接合部の性能評価に関する研究 企業からの受託研究 
3. 2006/05~2007/03  アルミニウム合金柱材の座屈荷重に与える端部拘束条件の影響に関する研究 企業からの受託研究 
4. 2006/12~2009/04  鉄骨梁端拡幅工法の力学的特性調査 企業からの受託研究 
5. 2009/07~2011/06  鉄骨梁端溶接部の残留応力の力学的特性調査 企業からの受託研究 
全件表示(9件)
■ ホームページ
   http://www.arc.it-chiba.ac.jp/Ylab.htm
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2005/01 鉄骨構造
2. 2010/11 鉄骨構造 基礎知識
3. 2013/02 初めて学ぶ 建築構造力学
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2000/10 公開講座「現代を科学する-都市における安全と安らぎ- 鉄骨構造の耐震安全性」、千葉工業大学
2. 2001~ アルミニウム建築構造製作管理技術者講習会、アルミニウム建築構造協議会
全件表示(11件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2001~ 建築鉄骨溶接ロボットの型式評価・認証、ロボット工業会
2. 2002~ 建築構造一貫計算プログラムの審査、日本建築センター
3. 2008~ 建築鉄骨溶接ロボットのオペレータ評価・認証、日本溶接協会
4. 2008~ 自走式自動車車庫の構造の型式適合審査、日本建築センター
5. 2009~ 構造計算適合性判定に関する専門家委員、日本建築設備・昇降機センター